ホーム >> 中国観光地ガイド >> 四川省
昭覚寺

【入場時間】8:00-17:00 
【入場料】2元/人

昭覚寺は成都の北門外、青龍村に位置し、四川西方の「第一禅林」と呼ばれています。
貞観年間に建立されて以来、多くの高僧を輩出しました。17世紀前半に全焼しましたが1649年に再建、文化大革命で破壊されましたが、1985年に修理が行われました。1989年、清定法師により現在の大雄宝殿、園通殿、中鼓楼、念仏堂が再建され、西南地区でも最大規模の寺院となりました。
その中には百年の歴史を持つ伝奇的鉄鍋があり、直径1.6メートルの鍋は25キロの重さがあり、一回で170キロのお米を炊くことができます。