ホーム >> 中国観光地ガイド >> 雲南省
世界遺産-雲南三江併流 (世界自然遺産登録 2003年)
『三江併流』とは、三つの川が平行に流れている、という意味で、雲南省内を北から南へと約170キロにわたって平行して流れています。
三江とは、『金沙江』(長江上流)、『瀾滄江』(メコン川上流)、『怒江』(サルウィン川上流)の3本の河川を指しています。2003年に世界自然遺産に登録されました。
その川は、時に3,000メートルの深い渓谷を縫って流れ、周囲の山々の高さは6,000メートルにもなり、特異な景観を形作っています。
互いに交差することもなく、独特の地形でを保ち中国語で『四山併立、三江併流』と言われる世界でも特有な自然景観となっています。『雲南三江伴流の保護地域群』は、少数民族の居住地域としても知られており、チベット族、傈僳(リス)族、怒(ヌー)族、ナシ族、白(ペー)族などが、独自の伝統や生活習慣を守って暮らしている場所です。
標高約6,750メートルの壮麗な雪山である『梅里雪山』は、雲南の最高峰であり、チベット族自治州にある香格里拉(シャングリラ)の北の徳欽県にあり、チベット仏教の聖地の一つとして崇められています。
独特な地理条件は、砂漠と海洋の他、壮美な自然景観及び豊富な動植物資源を持ち、「遺伝子の宝庫」と称されています。中国の20%以上の植物及び25%の動物の種がここに集積しています。中には、金糸猿やカモシカなどのように、絶滅の危機に面しています動植物も数多く含まれています。