ホーム >> 中国ゴールデン旅NEWS >>
重慶黒山谷観光地を国家5Aクラス観光地に認定
2012-10-31

重慶黒山谷観光地を国家5Aクラス観光地に認定

   万盛経済開発区の情報によると、10月29日、全国観光地品質等級評定委員会が正式に黒山谷観光地区を国家5Aクラス観光地に認定した。昨日(30日)、北京の評定委員会から重慶に戻った市旅游局副局長が記者のアナウンスに応じ、発表した。黒山谷が5Aクラス観光地に選ばれるのは妥当であり、当市の仙女山観光地、巫山の小三峡、大足石刻など5箇所のとっておきの観光地は豊富な観光資源を頼りに”是非重慶に来てください”旅行ブランド計画を後押しするだろう。

【5Aクラス観光地とは】
 
中国観光協会(中国観光地品質等級評定委員会)が決定する中国観光地のグレードである。1Aクラスから始まり最高が5Aクラス。要するに最も推薦する優れた観光地である。

 黒山谷に十億元投資
  万盛黒山谷観光地区は重慶市街地区から63Km、面積110平方Km、黒山谷及び竜鱗石海の2つの観光地区で構成している。万盛~黒山谷観光地間の約80Kmの旅行用幹線道路の改善が既に完了し、完全に観光地区内の景勝地、接待施設及び安全管理等全ての改善作業が完了した。
  紹介によると、黒山谷は現在重慶地区で最大、かつ原始生態保護が最も完全に残されている自然生態景勝地で、重慶から最も近い5Aクラス観光地である。現在引き続き景勝地の土地開発及び関連施設の建設をしており、最も勢いが盛んな観光地である。

当社黒山谷紹介ホームページ:http://www.g-tabi.com/guide/chongqing/heishangu.php

  みなさんは是非重慶に来てください!!。