ホーム >> 中国ゴールデン旅NEWS >>
四川省稻城亞丁空港2013年5月正式開港予定
2012-12-11

四川省稻城亞丁空港2013年5月正式開港予定

  稲城亞丁(とうじょうあでん)空港は2012年11月13日に基本的な準備が完了し、11月23日から試験飛行を実施、2013年5月に開港予定である。

  稲城亞丁空港は甘孜稻城北部海子山に位置し、稻城県市街地から約50キロ、海抜約4410m、世界で一番海抜が高い場所にある民間空港で、2013年5月正式に開港する。開港後は成都国際空港から稲城亚丁空港迄飛行機で約1時間、とても便利になる。又、2013年には成都、重慶、昆明、貴陽、西安等の運行ルートを開設する予定である。

  稲城県内には亞丁自然保護区があり、ここには希少な動植物が数多く生息している。ここにある三神山は中国で美しい山「十大名山」の一つに数えられ、雪山の鑑賞地としても有名である。四川省は空港を建設して、さらに多くの観光客を呼び、たゆまない観光資源の開発に努めている。

              主要路線図                          三神山