ホーム >> 中国ゴールデン旅NEWS >>
四大古城はクーポンを採用する予定
2015-11-30

 2015中国四大古城戦略連盟年会により、クーポンで山西平遥古城、安徽徽州古城、四川阆中古城、重慶安居古城その四つの古城を見学することになります。今後、観光客は現在の価額よりもっと低い価額で、上記の古城を見学出来ます。

 平遥古城が山西省中部平遥県にあり、西周宣王時期(紀元前827年~紀元前782年)から建設されました。平遥古城は明清時期に漢族の出色な町として、長年歴史の中に、人々に素晴らしい漢族文化、社会、経済及び宗教を見せてあげます。

 徽州古城は国家歴史文化名城として、安徽省黄山市にあります。古城に許国石坊、許国相府、南谯楼、阳和門、徽州府役所、徽園、闘山町などの観光地があり、江南都江堰と呼ばれている渔梁古壩と中国歴史文化名町渔梁町もあります。

 阆中古城は四川盆地北東地域、嘉陵江中流にあり、古代巴国蜀国重要な軍事町として、2300年の歴史を持っています。阆中古城の建築スタイルは古代建築の風水観を体現して南北のスタイルを融合し、「半珠式」、「品」字型、「多」字型などまったく違いの建築群体が構成されます。

 安居古城は重慶铜梁区北西地域にあり、隋唐時期から建設されました。その独特な地域優勢、長年歴史文化、豊富な文物遺跡、綺麗な自然姿が一体に集まって、山が見られ、水が見られ、郷愁を覚える場所と呼ばられます。